http://www.jma.go.jp/jp/kishojoho/332_02_770_20170416201349.html

暴風と高波に関する兵庫県気象情報 第3号

平成29年4月17日05時13分 神戸地方気象台発表

(見出し)
兵庫県南部では、17日夜のはじめ頃から18日未明にかけて暴風や高波に警戒してください。

(本文)
 前線を伴った低気圧が17日朝には黄海に進み、その後急速に発達しながら、17日夜から18日にかけて、日本海を北東に進むでしょう。

[風の予想]
 南部では17日昼過ぎから18日明け方にかけて、北部では17日夜のはじめ頃から18日未明にかけて、海上を中心に南よりの風が非常に強く吹く見込みです。
 17日に予想される最大風速(最大瞬間風速)は、
  北部 陸上 15メートル(30メートル)
     海上 20メートル(30メートル)
  南部 陸上 20メートル(35メートル)
     海上 25メートル(35メートル)

 18日に予想される最大風速(最大瞬間風速)は、
  北部 陸上 15メートル(30メートル)
     海上 20メートル(30メートル)
  南部 陸上 20メートル(35メートル)
     海上 25メートル(35メートル)
 17日夜のはじめ頃までに、南部では暴風警報に切り替える可能性があります。

[波の予想]
 北部の海上では17日夜遅くから18日明け方にかけてしけとなるおそれがあります。南部の海上では17日夕方から18日明け方にかけて波が高く、淡路島南部の海上では17日夜のはじめ頃から18日未明にかけてしける見込みです。
 17日に予想される波の高さ(ピーク)は、
  北部 4メートル
  南部 3メートル 淡路島南部 4メートル

 18日に予想される波の高さ(ピーク)は、
  北部 4メートル
  南部 3メートル 淡路島南部 4メートル
 17日夜のはじめ頃までに、南部では波浪警報に切り替える可能性があります。

[防災事項]
 暴風や高波に警戒してください。

[補足事項]
 今後、気象台が発表する最新の警報や注意報、気象情報に留意してください。
 この情報は、16日16時26分に発表した「強風と高波に関する兵庫県気象情報」を引き継ぐものです。
 次の「暴風と高波に関する兵庫県気象情報」は、17日16時頃に発表する予定です。