http://www.jma.go.jp/jp/kishojoho/332_02_770_20180708094047.html

大雨に関する兵庫県気象情報 第22号

平成30年7月8日18時40分 神戸地方気象台発表
 
(見出し)
兵庫県では、引き続き8日夜のはじめ頃まで土砂災害に警戒してください。
  
(本文)
 兵庫県では、前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込み、大気の不安定
な状態が続いています。
 これまでの記録的な大雨により地盤の緩んでいる所があり、土砂災害の危
険度が高くなっています。

[雨の実況]
 降り始めの5日00時から8日18時までの総降水量(アメダス速報値)
は、主な所で、
 篠山市後川     506.5ミリ ※
 養父市大屋     475.5ミリ ※
 西宮        451.0ミリ ※※
 朝来市生野     444.5ミリ
 洲本        439.0ミリ
 神戸市中央区    435.5ミリ
 養父市八鹿     433.0ミリ ※
 朝来市和田山    409.0ミリ ※
 三木        400.5ミリ
 (※※は、月降水量の観測史上1位の値を更新した所、
  ※は、7月の月降水量1位の値を更新した所)

[防災事項]
 土砂災害に警戒してください。
 落雷や突風に注意してください。

[補足事項]
 今後、気象台が発表する最新の警報、注意報、気象情報などに留意してく
ださい。
 次号は、8日23時頃に発表する予定です。