大雪と高波及び風雪に関する兵庫県気象情報 第3号

平成26年2月7日16時27分 神戸地方気象台発表

(見出し)
兵庫県では、7日夜遅くから8日にかけて広い範囲で雪が降り、大雪となるおそれがあります。南部の山地を中心に大雪による災害に警戒してください。また、8日未明から高波や強風にも注意してください。

(本文)
 低気圧が8日にかけて、四国の南海上を発達しながら北東に進む見込みです。兵庫県には北東からの冷たい空気が流れ込むため、広い範囲で大雪となり、平地でも積雪となるおそれがあります。特に南部の山地を中心に大雪による災害に警戒してください。
 
[雪の予想]
 7日18時から8日18時までに予想される24時間降雪量は、多いところで、
  北部    40センチ 
  南部 山地 40センチ 平地 15センチ 
 その後も、さらに降雪量が増える見込みです。

[波の予想]
 8日にかけて予想される波の高さ(ピーク)は、
  北部   3メートル
  南部 1.5メートル 

[風の予想]
 8日にかけて雪を伴い風が強まる見込みです。
 8日にかけて予想される最大風速(最大瞬間風速)は、
  北部 陸上 12メートル(25メートル)
     海上 15メートル(25メートル)
  南部 陸上 12メートル(25メートル)
     海上 15メートル(25メートル)

[防災事項]
 大雪による災害に警戒してください。
 積雪や路面凍結による交通障害、雪による見通しの悪化、電線や樹木への着雪、農作物や農業施設の管理、なだれにも注意してください。高波や強風にも注意してください。

Follow me!